担当表

YOKO.S YOKO.S CLOSE HISASHI.Y YOKO.S YOKO.S YOKO.S

YOKO SATO

柔道整復師(H13)

はり師(H24)

きゅう師(H24)

・柔道整復専科教員(H18)

・柔道四段

 


【自己紹介】

 こんにちは。実物は顔を体もガチャピンに似ていると言われる超絶汗っかき院長のヨーコです。汗っかきは子供の頃から、ガチャピン歴は今年で10周年です。(戻りたい願望はあります!😭)患者の皆さんからはヨーコ先生とかヨーコちゃん、ヨーコさんと名前で呼ばれる事が多いですが、どうぞお好きな呼び方で呼んで下さいませ(*´ω`*)

※お詫び:写真うつりがとってもいいものを選んでおります。実物にご注意下さい。(笑)

 自分自身、両股関節に疾患があり痛みと動きの制限&跛行持ちで、それに伴う腰や首痛で患者歴が長くそれは資格歴を上回ります。山で育ったこともあり小さい頃から運動全般が得意で50mを6.8秒で走る程のスポーツ少女だった私ですが、18歳の時に両側の股関節臼蓋形成不全が発覚し全スポーツのドクターストップがかかりました。当時特待で柔道進学していたためそれを隠して練習を続けてしまった結果、20代後半で歩く事が難しくなり両股関節を手術することとなりました。この手術で跛行は残ったものの歩けるようにはなりましたが、間もなくして首から腰にかけて原因不明の激痛を繰り返し発症するようになり、2年程ほぼ寝たきり状態となりました。痛みのあまり生きる事が苦しくベッドの上で泣いてばかりの日々を送りました。

 

 しかし今はその経験が「痛みを共感できる施術者」として私の強みになっています。誰でも経験できることではありませんからね…。因みに不名誉なことですが他にも骨折、脱臼、脱臼骨折、靭帯断裂、筋断裂も経験しております。肘関節脱臼は3回もやりました。足関節靭帯断裂は手術となる程のものでした。本当にケガの多い子どもでした。

 

   この寝たきりがきっかけで教員の資格を取りました。ゆっくりと回復していく中 やっと社会復帰の希望がみえた時も、思うように体が動かずもう臨床現場では生きていけない…そう思ったので食べていくために苦手😅な勉強を頑張り柔道整復専科教員の資格を

取得しました。時間とともに無理をしなければ現場でも働けるようになりましたが、あれから15年ずっと教壇に立ち続けています。これまでに東北や関東中心に5校携わらせて頂きましたが、現在は青森で非常勤講師として国家試験対策を中心に教鞭をとっています。正直辛い😵と思う事も多々あります(笑)が、それでも得るものの方が断然大きく、今も尚色々と試行錯誤しながら何だかんだで楽しくやらせて頂いております。

 

 なので柔道整復師としてのキャリアは資格歴と伴いませんが、1日120人来院する接骨院やクリニックでのリハビリ科勤務、救護活動やトレーナー帯同、また海外で論文を発表されているような鍼灸の先生の元で修行させて頂いたりと一通りの経験は積んできました。

 

 そして私の社会復帰に大きく影響した脳科学に関しては、今でも常に関心を持って情報収集に取り組んでいます。痛みや様々な症状の原因は教科書や画像診断が全てではないことを身をもって体験してきました。特に慢性痛の場合は身体の構造・機能面は勿論診ていくべきですが、脳疲労へのアプローチは必須であり、脳・心・体のバランスを整えることがより重要だと考えています。

 

 患者さんの声、そして体が教えてくれることをしっかりとキャッチして、症状改善の為に出来る限りのお手伝いを一生懸命させて頂きます。

 

 両側に変形性股関節症があるため時々跛行しています(。-人-。)  が、跛行歴でいったらもう26年!どうかお気になさらずにお願いします!😉

 

 

★特徴:大きい(*´з`)、明るい、顔面多汗、早食い、涙もろい、亡き愛猫が大好き過ぎて未だロスぎみ

★得意なこと:傾聴、分析、編集

★スポーツ歴:水泳(小)、バスケットボール(中)、柔道(高・短大・専)

★好きな言葉/思想:なるようにしかならない、No pain, no gain、因果応報、般若心経

★好きなもの/興味:サビ抜きのお寿司、父との鰻デート、亡き伴侶猫、鬼滅の刃、進撃の巨人、呪術廻戦、サンキャッチャー、脳科学、未科学分野、温泉・風呂、YouTube鑑賞

★苦手なもの:わさび、辛子、お酒、夏、スギとイネ花粉、夜中にホテルの廊下で騒ぐ酔っ払い、傲岸不遜なヒト科、理不尽な世の中、驚かす系全般、ダイエット( ノД`)シクシク…


HISASHI YAMAMOTO  ※木曜担当

柔道整復師(H21)

・整体師

・ボクササイズコーチ



TORAMARU SATO

・茶トラの癒師

・ヨーコ先生の守護天使(*´ω`)

 

 

※2019年8月1日に天国に旅立ちました。開院時から約6年間、虎丸を可愛がって頂き本当にありがとうございました。心より感謝致します。